植田博之ベースレッスンブログ

ベース教室でのレッスンの日々で生徒さんに教えていて気づいたことや、 ベースのレッスンや上達のためのヒント、はたまた楽器のセッティング等についてのブログです。

種市弦の「注文の多い音楽会TV」 第57話 Dazzling

テレビ神奈川

種市弦の「注文の多い音楽会TV」

第57話 Dazzling

 Youtubeにアップされました!

 

youtu.be

 

今回はカシオペアさんの名曲「Dazzling」を演奏しました。

全編スラップで演奏しております!

 

使用ベースはFender Jazz Bass 69年

です。

マテリアルは、アルダーボディ、ローズ指板

です。

 

スラップ曲なので、定石通りならば、アッシュボディ70年代Jazz Bass等を使うところです。

私は70年代アッシュのJBは2本所有していますし、Fender以外のアッシュJBも数本所有しています。

普通だったらそっちを使うところなんですが、

今回はあえてこの69年アルダー、ローズで攻めました。

 

なぜなのか。

 

それは、たまたまです!(笑)

いや、言ってしまえばそうなんですけど、実はちゃんと考えたんですよ。

 

最初、この曲を演奏するということになってそれから私はドラムトラックの制作に入ったわけなんですが、

ある程度ドラムトラックが出来た段階で試しに仮のベースを録音してみるわけですね、

その時にたまたまこのベースがちょうどチューニング状態で手元に置いてあったんですね、たしか他の仕事で使った直後とかで。

で、とりあえず仮なのでそれで録音してみたら、

これが予想外なことになかなかいい感じでイケちゃった(笑)

ちょっとイナタイ音が妙にマッチしてるわけです。

その後、アッシュボディのJBで試してみると、確かに定番のスラップの気持ちいい音なんだけど、なんだかアレを聴いた後では物足りないというか、逆に強すぎるんですよね音が。

この楽曲にピッタリハマるのは最初に試した69年JBの方なんですよね。

 

ということで、今回この曲に関してはスラップ曲ではありつつも、敢えてこの69年アルダー、ローズで挑むということになったわけです。

 

なんか、物を創っている時って、そういう偶然が功を奏することが時折あったりしますよね。

なんかそういうのって大事にしたいなー、なんてね。

いいものを創るって理屈じゃないんだなと再認識しました。

感性を大事にするってことですね。

エラそうなこと言いました(笑)

 

ではどうぞお楽しみください!

 

植田博之ベース教室」のサイトはこちらです。

http://home.k03.itscom.net/h-ueda/kyousitu.html

植田博之ベース教室、説明&内覧会のお知らせ

植田博之ベース教室、説明&内覧会」

次回の予定は、

2019年 6月23日(日)12時より当教室にて開催いたします。

定員3名、先着順。無料。

 

お問合せは下記までお願いします。

uedalesson@gmail.com

 

植田博之ベース教室」のサイトはこちらです。

http://home.k03.itscom.net/h-ueda/kyousitu.html

「注文の多い音楽会TV」二本目!

テレビ神奈川
種市弦の「注文の多い音楽会TV」第46話


ウエダスタジオからお送りするシリーズの二本目です。
youtubeにアップされました。


今回は弦ちゃんのオリジナル曲を演奏しています。

youtu.be

 

 

前回よりはトークはマシになってるかなと(笑)

この曲のバックトラックは弦ちゃんによるものです。

レコーディングエンジニアリング、MIXは引き続き私が担当しております。

 

次回は7月頃を予定しています。

お楽しみに!

自宅スタジオからTV出演しました。

レッスンネタではないのですが、

先日、私の自宅スタジオで収録いたしました、テレビ神奈川さんの番組、

「種市弦の注文の多い音楽会TV」第45話 

が、4月3日に放送されました。

 

その番組のアーカイブYoutubeにアップされております。

youtu.be

トークは緊張してだいぶ固くなっております(笑)が、

よかったら是非見てくださいね!

 

ちなみにもう一話ありまして違う曲をやります、それは来週10日に放送されます。

テレビ神奈川 4月10日あさ9時21分ごろです。

 

植田博之ベース教室はこのスタジオでやっておりますので、よろしくお願いします。

 

植田博之ベース教室」のサイトはこちらです。

http://home.k03.itscom.net/h-ueda/kyousitu.html

 

もう一つのブログ、

「ベーシスト植田博之のブログ」はこちらです。

http://chapajama.hatenablog.com/

 

 

 

音数多すぎ問題について。

久しぶりの、「お知らせ」じゃない更新です!

 

コードとスケールを一通り習得して、アドリブで楽曲のベースを少し弾けるようになってきた頃に多く見られる症状で、
やたら音数を多く弾きすぎる、というのがあります。


間違った音は弾いていないのだけれど、楽曲のフィーリングと合ってなかったり、なんとなくダサいベースになっちゃうということはありませんか。。
これはある程度弾けるアマチュアプレイヤーの方にも当てはまることではないでしょうか。

 

では何故こうなってしまうのか、原因を探ってみましょう。
その大きな原因の一つは、


とりあえずなにか弾いて音を埋めていないと、これでいいのかどうか不安だから。
なのですね。


だからコードトーンやスケールのことばかりに気を取られて、とりあえずその場のコードに合っている適当な音をむやみに弾いてしまうのです。


しかしながらその結果、あら不思議、意外と不協音にはなっていないのでなんとなく弾けてる気になってしまいます。
しかも音数はいっぱい弾いているんだからなんかちょっとイケてる気になってしまいます。


しかしこれが罠なんですね。


この場合ほぼ間違いなく、無駄に音数だけ多くて楽曲に合っていない浮いたベースになっています。


このような症状に自覚がある場合は良いですが、ない場合はちょっと厄介かもしれません。

 

そしてもう一つは、
ある程度自信をもって弾けている場合。
自信があるがゆえに自分の弾く音、フレーズばかりに気を取られてしまっていることです。
その結果、やはり周りを無視した浮いたベースになってしまいます。
ある程度弾ける人はこちらの方が主な原因かもしれません。


この様な症状に対しての処方箋は様々ありますが、今日は一つだけお教えしましょう。


それは、「とにかく周りの音をよく聞くこと。」

です。
インストより歌モノの場合は特にそうです。

 

歌メロやドラムを中心に「楽曲」をよく聞きながらプレイするように常に気をつけるわけです。


そうすると自分の音が客観的に聞こえてきます(少なくとも今までよりは多少なりとも)。。


そうするとむやみやたらと無駄な音が、だんだん自然と「弾けなく」なってきます。
これは良い兆候で、その結果、本当に必要な音が残ります。


そしてその残った音を整理して組み立て直すと、あら不思議、グッとセンスのいいプレイに近づいて行きます。


自分が弾かなくても周りのプレイヤーが弾いてくれていることに気づくわけです。
言わば、弾かない時を知る、とでも言いますか。


その結果、周りの音を邪魔しない、必要なところに必要な音を弾く、という理想のベースに近づくことができます。

 

植田博之ベース教室」のサイトはこちらです。

http://home.k03.itscom.net/h-ueda/kyousitu.html

 

「ベーシスト植田博之のブログ」はこちらです。

http://chapajama.hatenablog.com/

 

 

「植田博之ベース教室、説明&内覧会」3月

植田博之ベース教室、説明&内覧会」

次回の予定は、

2019年 3月31日(日)13時より当教室にて開催いたします。

定員3名、先着順。無料。

 

お問合せは下記までお願いします。

uedalesson@gmail.com

 

植田博之ベース教室」のサイトはこちらです。

http://home.k03.itscom.net/h-ueda/kyousitu.html

ベースの弦は緩めるべきか緩めないべきか。

ベースの弦は緩めるべきか緩めないべきか。

 

諸説あるようですが、私は圧倒的に緩める派です。

私の楽器はウッドベースを除いて、全て弦は緩めて保管してあります。

もちろん移動するときも緩めて運搬します。

長年この方法でやってきましたが、おかげでネックに問題が起こったことはほとんどありません。

ネックが反っちゃったりねじれちゃったり波打っちゃったりしている楽器はほとんどの場合、弦を緩めないで長い間放置していたのが原因だと思われます。

 

あ、でもメーカーに問い合わせてもだめですよ、何故ならメーカーさんは立場上緩めてくださいとは絶対に言えないからですね。

うちのネックは丈夫だから緩めなくても大丈夫としか言えないわけです。

どこか一社でもそういうことを言うと他のメーカーもそういうしかないという、そう、

大人の事情ってやつですね。

ユーザー側としてはそういう事情をくみとって考えた方が良さそうです。

(あ、これはあくまで私の個人的見解です。)

 

ただ例外というか、場合によっては緩めないでいい場合があります。

それは、弦高が高くても平気、あるいは高いセッティングの方が好きなプレイヤーの場合です。

そういう方はネックが少々反ったってかまわないからですね。

その理由は緩めない方がずっと同じテンションがかかっていてその方が木が安定するから、というものだそうです。

 

安定するったって、反っちゃいますけどねw

鳴り、ということの関してはその方がいい、という説です。

これは確かに一利あるように思います。

 

まあ、数年ごとにネックを取り換える、というスタンスなら弦高を下げる人でもありかもしれません。

でも私のように弦高低めのセッティングで長い間問題なく使いたいと考えるなら、やはり緩めておくに越したことはないと思われます。

 

「植田博之ベース教室」のサイトはこちらです。

http://home.k03.itscom.net/h-ueda/kyousitu.html