ベース教室のブログ

ベース教室でのレッスンの日々で生徒さんに教えていて気づいたことや、 ベースのレッスンや上達のためのヒント、はたまた楽器のセッティング等についてのブログです。

左手のフォームのお話

今日は左手のフォームのお話です。

 

フォームがとても重要であることは想像がつくと思いますが、
いつも同じ形、一種類とは限りません。

 

今日の生徒さんは、
ポジション移動を伴った連続したフレーズで、ある個所がうまく弾けない、という症状でした。


どうしてそこがうまくいかないのか、私も一緒に考えて見たところ、
そこをきちんと弾くにはちょっとしたコツがある、ということがわかりました。


そのコツとは、左手の形にあったのです。


そのフレーズは、普段スケール練習などで行っている標準的な形のまま弾いたのではうまくいかないのです。


私はそこでフォームを少し、というより割と大胆に変化させて弾いてみることを指導しました。


生徒さんはそのフォームには慣れていないため、すぐには出来ませんでしたが、
徐々にでいいので、そのフォームでも弾けるように練習することを勧めておきました。
そのフォームを得とくできればきっとうまく弾けるようになることでしょう。

 

このようにフォームを変化させながら弾く、ということも大切なんですね。

 

「植田博之ベース教室」のサイトはこちらです。

http://home.k03.itscom.net/h-ueda/kyousitu.html